nest

さっぽろ nest 日々のこと

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カフェのような焼肉屋さん  

高校の時の同級生の会社で焼肉店をオープンすることとなり
その内装プランをさせて頂きました。
いかにも焼肉店!という感じではなく、カフェのような雰囲気で
というオーダーでこのようになりました ↓
DSC_0577-s.jpg
写真はレセプションの様子。
席に高低差をつけているので、座る場所により見え方が変わって
何度行っても楽しめるお店になっているかなと思います。

ここまでの紆余曲折の中、本当に頑張った友人。彼女に喜んでもらえたのが何より嬉しいです。
私はお店が完成しホッとしていましたが、社長は「これからが本番」と仰っていました。
そうなんですよね、これからなんですよね。
たくさんの人に楽しんで頂ける場所になりますように、お祈り申し上げます!
プレオープンが明日23日から、グランドオープンは29日です。

BULL TOKYO
札幌市中央区南5条西5丁目13-1 ASILビル1F

スポンサーサイト

category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

本物のnest  

先日、「森とイエ」のイベントで下川町を訪れました。
何のイベントかというと → 詳細はコチラにお任せ

その際に、森とイエのオーナーさんのアテネファームさんに立ち寄ったのですが
奥様のあさこさんが「新海さんの会社はネストですよね?」と見せて下さったのがこれ。
DSCN8431.jpg 
本物の鳥の巣!
nestって鳥や動物の巣という意味なんです。
他にも「居心地のよい住まい」「いこいの場」という意味があるということで
事務所の名前にしたのでした。
あさこさんが覚えていて下さったのが嬉しく、
また、本物の鳥の巣をこんなに間近で見たのも初めてで、「わぁ~!」となりました。
よく見ると中は細い枝(草?)で外側は荒くざっくり。中はとても快適そうです。
鳥が枝とか加えて飛んで行くのは見かけたことがありますが
その先でこんな巣が出来上がっているんですね。
次からは「がんばれー!」と声掛けしたくなるだろうな。

アテネファームさんのトマトは、
甘さの中にトマトのしっかりとした味わいがちゃんとあってとっても美味しいです!
今年は例年より少し早くに色づいているものもあるそうです。
お買い物は コチラ から。(販売はまだ先なので時々覗いてみて下さい)
是非是非味わってみて下さい。


category: 素敵なもの

tb: --   cm: 0

別府の竹細工  

お久しぶりとなりました。
先日(と言っても10月の話ですが)、別府で建築士会の全国大会があり行ってきました。
あまり時間がなくて、別府市内をちょっとフラフラしただけだったのですが、
立ち寄った「Bamboo bamboo」で、おひさまみたいな竹細工のオブジェを購入。
take1.jpg take2.jpg
こちらにあった製品は、どれもツルツルでピカピカしていて瑞々しさを感じるほど。
別府の地域は竹が豊富に取れるので、竹の良いところをふんだんに使えるのだそう。
大きな竹の籠もとても素敵でぽーっとなりましたが今回は断念です。

その後行った「platform04」では竹細工の指輪を。
yubiwa.jpg 
紫の色がついていてシックな雰囲気。ほど良くピカピカもしていていい感じです。
しっかり編まれていて頑丈なのです。

どれも1000円前後とリーズナブル。
あまり探索できませんでしたが、ご当地の良い品が手に入って満足でした。

SPICAOita Made というところもコンセプトのある地物を扱っていて
素敵なところでした。今度はゆっくり行きたいなぁ。



category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

スイノカゴ  

northern*interiorに スイノカゴさんをUPしました。
コチラ

お伺いしてから随分と日が経ってしまってからのUPとなりました。
こころよく承諾頂いてありがたい限りです。
美瑛の商店街をこよなく愛するオーナーの崎山さんのお姿に、何だか心温まりました。
仲間がたくさん増えるといいなというお話を伺って、
きっとここから色々始まるのだろうなという、わくわくした気持ちを頂きましたよ。

sui13.jpg

category: インテリアや建築

tb: --   cm: 0

偲ぶこと  

大切な人を送る時、そして偲ぶ時、
その人らしく喜んでもらえるために、どうしたらよいだろうかと考えると思います。
でも、そういう儀式は大概一辺倒で、選ぶ余地があまりなくって、
「これで良かったのかな…」
そんな気持ちになる人も少なくないのではないでしょうか。

友人が法要をプロデュースしたイベントにお邪魔してきました。

houyou-3.jpg
そこには、佇むだけで「素敵ね」と語りかけたくなるような空間がありました。
こうやって送ってあげたかったな。そんな想いを抱きました。

合わせて提案されているお引き物も素敵で、故人が大切にしていた人に
「これをお礼に差し上げて」ときっと言ってくれるだろうなというものでした。
houyou-4.jpg houyou-5.jpg

アクセサリーのリメイクのご提案もありました。
きっとすぐにはできないけれど、少し心が落ち着いたら形を変えて傍にいて欲しい。
そんな気持ちもとってもよくわかる。
houyou-6.jpg

何もしてあげられないところへ行ってしまった人へ、少しでも、想いを届けたい。
こんな提案がもっと増えたなら、もっと心穏やかに過ごせる人も増えるのではないかと思います。


category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。