FC2ブログ

nest

さっぽろ nest 日々のこと

知事公館の紅葉  

週末、知事公館は紅葉真っ盛りでした
赤い色も結構たくさんあって、とても綺麗
あまりの美しさに吸い寄せられました 
DSC07261s.jpg
DSC07265s.jpg
DSC07272s.jpg

category: 西18丁目界隈

tb: --   cm: 0

あついあつい  

暑い時はご近所のアイス屋さんへ
DSC05487.jpg 珈琲味

18丁目界隈にいらしたらどうぞ
みるくはうす

category: 西18丁目界隈

tb: --   cm: 0

ART!  

art.jpg
道立近代美術館にて。直球です。美術!

category: 西18丁目界隈

tb: --   cm: 0

鞄のオーダーメイド その弐  

その壱の経緯を経て、いざ、オーダーメイド!
前の鞄はまだ使えるということであれば、ちょっと違う形にしたいなぁと思い、
あんな風、こんな風とお話したところ、ざっくりした見本を作って下さいました。
(写真をクリックすると拡大します)

布でざっくりと。やはり、実物があるとありがたいです。
これをもとに、ここはこうしたい、この寸法はこんな感じで…とイメージができました。
bag1.jpg
 ↓
そこから、自分で大きさなどを簡単な図にしました。
bag2.jpg
 ↓
この鞄のこんな感じがいい!というのを雑誌などから切り取りまとめました。
インテリアコーディネートのテイストボートと同じですね。
bag3.jpg
 ↓
こちら選んだ革です。左側が頭側で、右側がしっぽ。(ご夫妻がテーブルを傾けて下さってます!)
一頭からこの大きさが2枚取れるそう。革も布のように一枚になっているイメージがありました…。
ここから、上記サイズの鞄ができるかを測ります。この革は、食用の牛のほんの一部なんだそう。
私、革製品が好きですが、「動物愛護の観点からどうか?」という意見を耳にすると、
やや良心が痛むこともありました…。でも、そうであれば、まず「食べない」が大前提のようです。
食べるのであれば、革も使わねば、捨てるということになるようで…。
それなら、使って活かした方がいいような気がします。長く使えますからね。
使われない革もたくさんあるようなので。その方が可哀想なのかもしれません。
bag4.jpg
 ↓
更に!もう一度サンプルを作ってくださいました。
これから、大きさや糸・ファスナーの色など最終の打ち合わせをしてゆきます。
手提げの部分、ちょっと詰めてあるの分かります?
bag5.jpg
 ↓
そして完成です!こんなシンプルなのが欲しかったんです。
しかも好きな色の革でって幸せ☆.*・。゜くたくたになってゆくのが楽しみです。
bag6.jpg

お値段が気になる方は、連絡下さい(笑)
この工程で手間をかけている割にはリーズナブルだなぁと思いました。
決まったパターンのもので、革だけ選ぶこともできるようです。→オリジナル革製品

何かを作っていく工程ってやはり面白いです☆.*・。゜

北海皮革㈱
札幌市中央区北1条西16丁目1番地
HP:http://www10.ocn.ne.jp/~hikaku/

category: 西18丁目界隈

tb: --   cm: 4

鞄のオーダーメイド その壱  

8年ほど前、一目惚れして使っていた革のトートバッグがへたれてきてしまいました。
手入れせず、ヘビーローテーションで使っていたので、
縫製は解れ、持ち手も黒ずんできてしまっていました。

とても使い勝手が良かったので、同じ形で作ってもらうことができないかなぁ、
と思っていたところ、ご近所に「北海皮革」という革屋さんがあったではないですか。
最近、お店をリニューアルしてウェルカムな雰囲気が漂っていたので、
ちょっと聞いてみようと伺いました。

感じの良い奥様が対応して下さり、リラックスして色々と相談。
同じ感じにしたいので、今ついている金具を取って付けてもらっても構いません。
なんて話になってきたところ、
「これはこれで、まだまだ使えそうなので、解体するのはもったいないですよ」
という話になり…。革屋さんが言うなら、これで良いのかもしれない。
じゃあ、このまま作らなくても良いのかー?と、なりそうでしたが。
たくさんの美しい革を目にして盛り上がった気分は抑えられず…。

きちんとした鞄がないのだから、やはり作って頂こう。という結論に。

鞄作りの工程は次回へ

category: 西18丁目界隈

tb: --   cm: 3