FC2ブログ

nest

さっぽろ nest 日々のこと

スウェーデンに学ぶ、室内環境と健康  

これまた先日、「スウェーデンに学ぶ、室内環境と健康」という講演を聞いてきました。
スウェーデンでの、シックハウスへの取組みの他、
北大の室内環境調査の結果などが講演されたのですが、
興味深かったのは、住宅の築年数と、シックハウス症候群の原因との関係。

新築の場合は、化学物質に対する症状が多いのに対し、
中古の場合は、ダニやカビによる症状が多いとのこと。
シックハウスというと化学物質に目が行きがちで、
古い家なら揮発して量が減るのでまだ良いだろうという声も聞かれますが、
ダニやカビが原因の症状の方は、そうとは言えない…。
一概にどちらが良いかということではないようです。

また、スウェーデンでは、換気設備に対してメンテナンスが義務付けられていること。
規制されているのはホルムアルデヒドであるが、その他の物質については
商品に数値が表記されるようになっている。など、日本とは違う取り組みも。
いいなと思ったのは、やりっぱなしにしないシステムと、義務付けではなく
選択する責任が建て主にあり、そのための基準が明確であること。

人は様々、暮らしも色々ですからね
何でも国で決め過ぎるというのは、逆に辛くなっていくのではないかなぁ…と思います。
色々な場面で見受けることですが。

category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret